その症状はアレルギーが原因ですか?

4人に1人がアレルギーを患っています。しかし症状についてすべての人が医師に相談するどころか、正確な診断を受けることさえほとんどありません。これがアレルギーを工業化された世界で最も流行する未治療の健康問題にしています。適切な診断と管理の有効性があまり認識されていないのは残念なことです。

あなたが日常茶飯事と思っている症状の原因が、実はアレルギーであることがあります。多くの人がその症状を抱えて生活することに慣れてしまい、その結果、適切な診断を得る助けを求めることすら思いつかなくなっています。この診断こそが潜在的な治療を最適化し、健康と安心を高めるために必要なものなのです。

症状だけでアレルギーか否かを判断することはできません。

正確なアレルギー診断を行うことが最も重要な場合があります。子供の症状がアレルギーによって引き起こされているのか、もしそうならば正確には何に対するアレルギーなのかをどのように知りますか。

すべての症状と症状の原因は調べることが推奨されます。血液検査はその人の症状がアレルギーによるものかどうか、何に対するアレルギーかおよび、あるならば、回避すべきアレルギーの原因(アレルゲン)が何であるかを究明するのに役立ちます。血液検査の結果によっては、アレルギーを回避することもできます。