なぜ、アレルギー検査が必要なのでしょうか?

アレルギー検査は迅速で簡単に行われます。なんらかの症状がある場合は、アレルギー検査を受けることを検討してみてください。

それと知らずにアレルギーに苦しんでいる人は多い

現代では、少なくとも3人に1人がアレルギー体質という事実をご存知ですか?症状は様々な原因により起こるため、各々にあった治療計画が必要です。既往歴と身体所見だけでは根本の原因を判断しきれない可能性があります。 

適正な薬物の使用を心がけましょう。

感染症かアレルギーか?血液検査を基にした診断は、不要な薬剤の処方を防ぐだけでなく、適切な治療を行う上でも役立ちます。

アレルギーの可能性を除外する

陰性の検査結果を活用すれば、患者の症状がアレルギー性のものでないと判断できる場合もあります。

アレルギーは全て家系のせいとは言い切れない

家族にアレルギー歴があれば、アレルギー体質になるリスクは高まります。しかし、アレルギー体質の子供の大部分の両親は非アレルギー体質です。

アレルギー誘因を特定する

明らかにアレルギーの原因と思われるものは、実は「氷山の一角」に過ぎないこともあります。複数の原因を持つ人がほとんどですから、症状を低減させるためには、その原因であるアレルゲン全てを特定することが重要です。また、原因を刺激すればするほど、重篤なアレルギー症状が生じるリスクは高まります。

アレルゲンに対する過敏性は時間の経過とともに変化しうる

一生に一度の検査では不十分です。アレルギー症状は消失することもありますし、より重篤な症状に進展することもあります。

定期的に検査を行うことにより、症状を予測するために必要な情報が得られ、ひいては患者の健康を増進し、生活の質を改善することにつながります。