アレルギーの起こる仕組み

アレルギーは、アレルゲンと呼ばれる通常は無害な物質に対する過剰な反応を生じさせる免疫系の機能不全の1種です。この章では、何がその反応を誘発するのか、IgEの重要性、および何故IgEの測定が症状の管理と患者の症状を軽減するために重要な手段であるのかについて詳しく学びます。

アレルギー反応  |  IgE |  IgEレベル測定の重要性  |  肥満細胞  |  ヒスタミン 

アレルギー反応はどのように誘発されるか?

アレルギー反応は、アレルギーを持つ特定の物質(アレルゲン)によって引き起こされます。こうしたアレルゲンに触れると、身体は外界からの侵入者を察知します。

アレルゲンは血液中のIgE抗体と結合します。すると、脂肪細胞はヒスタミンなど炎症性物質を放出し、こうした物質は身体が有害だと察知した外敵を撃退するため、全身に瞬時に運ばれていきます。ヒスタミンは、体の局所で炎症を引き起こします。

発現する症状は、ヒスタミンが放出される部位によって異なります。鼻水、眼の痒み、涙眼、息切れ、肌の乾燥は全て、肥満細胞が局所で反応している徴候です。

多くの場合、アレルギーは初めは当たり障りのない現象として現れ、症状を呈するまでには数年を要することがほとんどですが、より深刻で健康全体を脅かすアレルギー反応を起こす場合もあります。また中には、食物、薬剤または虫刺されが突如、生死に関わるアナフィラキシー・ショックを引き起こす場合もあります。

IgE – 体のアレルギー抗体

IgE、すなわち免疫グロブリンEは、抗体と呼ばれるタンパク質の1種です。 IgEは、アレルギー反応において重要な役割を果たすため、しばしば「アレルギー抗体」と呼ばれます。

特定の物質(アレルゲン)にアレルギーを持つ場合、免疫系は、花粉など通常は無害な物質を身体に有害なものと認識します。

こうした特定物質に触れると、免疫系は身体を守ろうと、IgEの産生を開始します。IgE抗体は体内にとどまり、次に同じアレルゲン性物質に接すると、アレルギー反応を起こすことがあります。

結果として、アレルギーを持つ人では血中IgE濃度が増加しているのです。IgE は、各アレルゲンに特異的です。これは、ネコに対する IgEが引き起こすのは、ネコに対するアレルギー反応だけということです。

IgEレベルを測定し患者が何に対するアレルギーかを知ります。

血液検査は体内のIgE量を特定するのに役立ちます。 様々な物質に対するIgE値を知ることは、個人の症状の原因となりうる具体的なアレルギー誘因、 すなわち、アレルギーがあるとすれば、何に対してアレルギーを持つのかを特定するのに役立ちます。

定量的IgE検査の結果を得ることにより、各物質が症状にどのような影響を与えるかを順位付けできる可能性も高まります。一般的には、IgE抗体価が高いほど、症状が現れる可能性も高まると言われています。現時点では発症に至らないまでも、低レベルのアレルゲンが認められれば、将来の症状の発現を予測するのに役立ちます。

肥満細胞の値

肥満細胞は、免疫系の重要な細胞であり、全身に存在しています。肥満細胞には、ヒスタミンなど複数の化学伝達物質が含まれ、ヒスタミンは炎症を引き起こします。

アレルギーにおけるヒスタミンの役割

アレルギー反応は、ヒスタミンが身体を守るために炎症反応を刺激することにより引き起こされます。 ヒスタミンは、粘膜が膨らむよう、血管を拡張させます。ヒスタミンは肥満細胞から放出されます。