効率を高め、ワークフローを最適化する

地元のクリニックの小さな検査室か大規模な商業研究所の運営者であるかを問わず、Phadia Laboratory Systemsは効率の良い方法でニーズに応えます。

効率を高め、ワークフローを最適化する

EliAおよびImmunoCAP分析はファディアの機器で自動的に処理され、実務時間を最小にしリードタイムを短縮して効率を上げます。機器は、単体サンプルから1日に4万件の検査能力を必要とする検査室にまで対応しています。

Phadia Laboratory Systemsは柔軟性を高めます

Phadia Laboratory Systemsを使用することにより、アレルギー(ImmunoCAP)と自己免疫分析(EliA)を一緒に同一の機器で平行して実施できます。単独のサンプルや継続的なランダムアクセスも同時に可能な全自動のファディアの機器は高い柔軟性を提供し特定のニーズに応えます。Phadia 100からPhadia 5000に至るすべての機器は、同一のソフトウェア(ファディア情報データマネージャー)により管理されたおり、離れたラボに設置された複数台のファディア機器間で、シームレスな拡張性、クラスタ化の可能性および通信が可能になっています。 

このことは検査室でのワークフローの改善に役立ち、操作コストを最小にし効率を上げます。

詳細をお読みください

Phadia 100   I   Phadia 250   I   Phadia 1000  |    Phadia 2500  |  Phadia 5000

継続的な高い生産性を保証する

実績のあるPhadia Laboratory Systemsは、日々のルーチンワークを簡素化し機器の稼動時間の高さを確保するために専用に設計された優れたソフトウェア・ソリューションにより強化された高い生産性を保証します。オンライン監視とリアルタイムの通信がファディアLabCommunityで利用できます