将来に備えましょう

アレルギーおよび自己免疫疾患管理の領域は常に進化しています。患者数の増加につれ、コストと時間効率の良い正確な診断への需要が高まっています。ファディアは、日々臨床医からのニーズに応えていきます。

ImmunoCAP検査のポートフォリオは、650以上の標準化された高品質の反応性アレルゲンおよびアレルゲン特異的なIgE抗体の特定定量的検出を対象としています。

分子アレルギー学は私の40年間のアレルギー診療で経験した最も感動的な進歩です”
M. Wickman 医学博士、教授、2010年 ISMA 会議で

広範なEliAポートフォリオは、関節リウマチ、セリアック病、炎症性大腸炎、結合組織病、抗リン脂質症候群および脈管炎のような最も重要な自己免疫疾患を評価するための自己免疫マーカーを把握しています。

“EliA CTDスクリーンは、通常のANA(抗核抗体)スクリーニングに最適で、 臨床的に関連のあるANAに対し優秀な感度と特異度を提供します。”
Wood G. Pathology in Practice 2010; 2-3

競争力を確保するための持続的な製品開発

これまで以上に今日では、コスト効率の良い検査室での検査の需要が高い。したがって、Phadia Laboratory Systemsは情報技術と生物情報学のような領域内での持続的な製品開発から絶えず利益を得ています。

国際的な科学および臨床コミュニティの活動的なメンバーとして、ファディアは知識の向上を共有しそれに貢献しています。この知識を顧客と共有することこそがファディアの最優先事項のひとつです。