アレルギーか否か?

健康と福利の改善は正しい診断から始まります。血液検査をしない場合、アレルギー診断の不確定性は50%にまで高まる場合があり、最適な患者管理の可能性を制限してしまいます。

病歴と身体検査は、診断過程の中心ですがそれだけでは不確実な診断につながる場合があります。アレルギーに共通する症状を呈する多くの疾患は、全く異なる病因を持つため、治療法も異なります。補足としてのアレルギー血液検査は正確な診断の数、すなわち症状の原因がアレルギーによるか否か、を増やすことが示されました。

疾病管理の改善

この情報があれば患者管理(適切な治療、回避の助言)の目標を改善することができ、必要に応じて症状の他の原因を探索し続けることもできます。結果として、患者の健康が改善される可能性があります。

ImmunoCAP血液検査はアレルギー診断の確実性を高め、アレルギーの除外に役立ちます。

  • 不確実なアレルギー診断を下される患者の減少
    50%以下から10%以下まで
  • 非アレルギー性と診断される患者の増加
    10%以下から50%以下まで

*プライマリ・ケアにおける病歴と身体検査に加えて

 

参考文献

  • Duran-Tauleria 他。 プライマリ・ケアにおける特定の免疫グロブリン E測定の利用、Allergy 2004; 59 (追補 78):35-41
  • Niggemann B. 他。プライマリ・ケアにおける小児アレルギー診断がインビトロ・アレルゲン同定IgE検査により改善される。 Pediatr Allergy Immunol 2008; 19:325-331