アレルゲンが症状に加わる

特定のアレルゲンに暴露されたときにアレルギー症状が出現する場合があるが、他の潜在的なアレルギーと合併した結果の可能性がある。既往歴により疾患の全体像を把握できることはめったにありません。どんな処置を講じるかを決定する前に、全体像を把握し、基礎疾患の経過を理解することが不可欠です。

症状を誘発するのは単独のアレルゲンか複数か?

明白なアレルゲンを識別することだけでは必ずしも十分ではない、例えば花粉の季節の花粉。一体となって症状の原因になるすべての関連アレルゲンを識別することが、アレルゲン回避の包括的な助言をするための前提条件であり、それにより患者を症状のしきい値以下でとどめておくことができる。

  • アレルギー患者の80%は、複数感作、すなわち2種類以上のアレルゲンに対しアレルギーがあります。
  • 今日、一次診療を受ける平均的な患者は、4種類以上のアレルゲンに感作されています。

関連アレルゲンを識別する補助としてのImmunoCAP血液検査

一般に、患者が暴露されるアレルゲンは検査対象を決定します。考慮すべき追加的な変数として、患者の年齢、症状の種類、家庭環境(ペット、趣味など)および患者の地理的な生活拠点があります。

事前に指定されたImmunoCAP・アレルゲンのパネルは、特定の症状に関する関連アレルゲンを選択したもので構成されています。これらパネルは、包括的な回避助言や治療の目標がより正確になるように単独または複数の原因アレルゲンを識別する補助となります。結果として、患者の健康が改善される可能性があります。