アレルギーは経時的に変化する

アレルギーの様相は、絶えず変化しており、時間の経過とともに誘因や症状が変化することもあります。一般に、幼児または小児は平均的成人以上に様々なアレルゲンに暴露(および敏感に反応)します。定期的な検査と潜在的なアレルギーの再評価が治療と可能な回避の助言を調整するために必要です。

初期には、アレルギーは、花粉飛散期の花粉症のように、一見したところ良性症状として現れることがあります。中には、何らかの症状が現れるまで数年間にわたり、徐々にアレルギー症状を蓄積していく人々もいます。また、特定の食物もしくは薬物を摂取後、または虫に刺された後、突然の、生死にかかわるアナフィラキシー反応を起こす人もいます。さらに、皮膚炎または胃腸障害として始まったアレルギーが、喘息に進展し、しばしば気道の過剰反応および閉塞といった呼吸器症状を併発することもあります。

アレルギー・マーチ -- 変わるアレルギーの跡を追います。

アレルギーは、時間の経過とともに動的変化を来たしますが、この疾患に特徴的な憎悪を指す用語として、「アレルギー・マーチ」という言葉がよく用いられます。典型的なアレルギー・マーチの過程において、感作および明らかな症状は通常、

  • 特定の年齢間隔で発現する
  • 数年間継続する
  • 年齢とともに寛解する傾向がある

ImmunoCAP血液検査を定期的に追跡テストする

アレルギーは絶えず進化しているので、ある特定時に実施したImmunoCAP血液検査はその特定時点での疾病の状態を示すに過ぎません。間隔を開けて特定のアレルゲンを定期的に検査することで疾病の進行を正確に追跡するのに必要な情報が得られます。

ImmunoCAPで定期的に追跡することは次のことの究明に役立ちます:

  • アレルギーから脱却したか同時にアレルゲンの回避や治療がこれ以上必要なくなったかどうか
  • 新しいアレルギーが発現したか同時に新しいアレルゲンの回避の助言や治療が必要となったかどうか

結果として患者の健康は経時的に最適化できます。