アレルゲンコンポーネント

アレルゲンコンポーネント

 

 一般にスギ花粉症ではスギ花粉を、牛乳アレルギーでは牛乳をアレルゲン(アレルギー反応を誘発する原因物質)と呼んでいますが、これらアレルゲンには多数のタンパク質が含まれています。アレルゲン特異的IgEが実際に反応するのはこれら個々のタンパク質で、厳密にはこれらタンパク質こそが、アレルゲンであるといえます。しかしこれではわかり難いので、特異的IgEと反応するタンパク質のことをアレルゲンコンポーネント(または単にコンポーネント)と呼んで区別するようにしています。

 加熱卵白や小麦アレルギーの診断において、高い臨床的特異度を実現する、オボムコイドやω-5 グリアジンはコンポーネントの一つで、いずれもファディア社が初めて日常診療での利用を実現したものです。

 

1)    J. Lidholm, B. K. Ballmer-Weber, A. Mari, S. Vieths. Component-resolved dianostics in food allergy. Curr Opin Allergy Clin Immunol 2006; 6: 234-240

2)    Akiko Yagami, Kayoko Suzuki, Hirohisa Saito, Kayoko Matsunaga. Hev b 6.02 is the most important allergen in ealth care workers sensitized occupationally by natural rubber latex gloves. Allergology International 2009; 58: 347-355

3)    宇理須厚雄、各務美智子、小山晴美、徳田玲子、和田映子、近藤康人、森田豊、安藤仁、山田一恵. 鶏卵アレルギーの診断と予後予知. アレルギー科 2000;9:80-88

4)    H. Matsuo, J. Dahlstrçm, A. Tanaka, K. Kohno, H. Takahashi, M. Furumura, E. Morita. Sensitivity and specificity of recombinant x-5 gliadin-specific IgE measurement for the diagnosis of wheat-dependent exercise-induced anaphylaxis. Allergy 2008; 63: 233-236

5)    K. Ito, M. Futamura, M. P. Borres, Y. Takaoka, J. Dahlstrom, T. Sakamoto,

A. Tanaka, K. Kohno, H. Matsuo, E. Morita. IgE antibodies to x-5 gliadin

associate with immediate symptoms on oral wheat challenge in

Japanese children. Allergy 2008; 63: 1536-1542

6)    尾辻健太, 二村昌樹, 漢人直之, 林啓一, 伊藤浩明. ω-5 グリアジン

特異的IgE抗体検査の臨床的有用性について. アレルギー 2011; 60: 971-982