信頼できる診断として

臨床所見と自己抗体検査値は、正確な診断のために必要な情報です。しかし、それ以外にも考慮すべき要因はあります。

診断は様々な側面を考慮して行われる必要性があります。

  • 臨床所見:医師は、症状およびそれが現れてからどれくらい経っているかを質問します。
  • 身体所見:医師は、リンパ節の腫脹や関節の炎症の有無などをチェックします。
  • 検査所見:医師は炎症マーカーあるいは自己抗体検査のために血液検査をする場合があります。 

これらに加えて、医師の側の知識と理解および医師と患者間の効果的な意思疎通が必須です。