多発血管炎性肉芽腫症(GPA)

多発血管炎性肉芽腫症(GPA)は、若年および中高年の成人に稀に生じる血管炎で、 女性よりも男性にやや多く見られます。

この疾患はしばしば、上気道や肺の壊死性の肉芽腫性炎、巣状分節状壊死性糸球体腎炎および全身の中・小型動脈の壊死性血管炎が、三主徴と見られています。