好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(EGPA)

好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(EGPA)は気管支喘息、末梢血の好酸球増加および組織学的に好酸球増加を伴う中・小型血管の壊死性および壊死性肉芽腫性血管炎の三つ主徴により、 、結節性多発性動脈炎から分離された血管炎症候群です。

この病態は喘息またはアレルギーの既往を持つ患者に多く見られます。通常は中年期に発症し、女性より男性に多い疾患です。