顕微鏡的多発血管炎(MPA)

顕微鏡的多発血管炎(MPA)は、小型血管を主体とした壊死性血管炎のうち肉芽腫性病変のみられないものを指します。また、女性より男性に多い疾患です。

顕微鏡的多発血管炎、発病の平均年齢は50-70歳です。

典型的な症状には、急速性進行性腎炎、肺出血および間質性肺炎、また、腎・肺以外の臓器症状として紫斑、皮下出血、消化管出血および多発性単神経炎等が含まれます。

通常、発熱、体重減少および易疲労といった全身症状を呈します。