グッドパスチャー症候群

グッドパスチャー症候群は原因不明の疾病であり、 肺出血、糸球体腎炎 および基礎細胞膜抗原への循環抗体など3つの合併が特徴です。肺内出血は軽微であることもありますし、重篤かつ生死に関わることもあり、腎障害に1~12ヶ月先行します。腎障害は一般に急速に進行し、この疾患の臨床的発現から数週間から数ヵ月以内に生じる乏尿性腎不全を伴います。早期治療が行われなければ、恒久的な腎不全が必至です。