混合結合組織病(MCTD)

混合結合組織病(MCTD)は、強皮症、SLE、および多発性筋炎/皮膚筋炎の特徴を持つ症候群です。

この疾患の徴候には、関節炎、レイノー現象、指の強皮症、筋力低下および圧痛、間質性肺炎に加え、皮膚筋炎または SLE のいずれかに類似した皮膚炎が含まれます。

こうした患者は抗U1RNP抗体を高力価で保有しています。 こうした患者に腎障害が見られるのはまれです。この疾患は中等量のコルチコステロイドに反応します。