糖尿病

糖尿病は、インシュリン依存性糖尿病(IDDM)または I 型糖尿病と、インシュリン非依存型糖尿病(NIDDM)または II 型糖尿病に、細分されます。

前者は自己免疫疾患の一種で、そこでは膵臓ランゲルハンス島のインシュリン分泌ベータ細胞の破壊がインシュリンの欠乏を招きます。

これは、インシュリンの作用に対する標的臓器の抵抗が見られる、Ⅱ型糖尿病の異常とは対照的です。Ⅱ型糖尿病は、もっぱら30歳未満の個人に見られ、発症のピーク年齢は10歳から14歳の間です。この糖尿病は主に白人に発症し、米国、欧州両地域における有病率は約 0.25%です(その他のデータ: 0.2%、表を参照してください)。この疾患の発生率は過去50年の間に若干増加しています。