関節リウマチ

関節リウマチは関節滑膜の炎症と滑液貯留により生じる関節痛、腫脹および朝のこわばりを主徴とし、関節破壊を呈する慢性炎症性関節疾患の一つです。

 

RAは早期から積極的に効果の高い治療を開始することで,寛解導入率が著明に改善されることが明らかとなってきています。そのため、RAの早期診断が非常に重要です。