炎症性腸疾患

炎症性腸疾患(IBD)は、生涯のさまざまな時期に起こる可能性のある消化管の慢性疾患のグループに入ります。主なIBDの実体は、クローン病(CD)および潰瘍性大腸炎(UC)です。無症候の期間に中断される活動性炎症の期間は、両方の疾患を特徴付けています。再発には、症候の増加を伴います。しかしながら、疾患が非活動段階にあっても疲労、腹痛および減退はIBDが原因である場合が多いです。

(参照: Russel MG, MD PHD, Bokkers RPH, MDPHD, Bergh van den FAJTM, PhD. 炎症性腸疾患患者を診断し監視するための非侵襲性の診断ツール。Thermo Fisher Scientific ImmunoDiagnostics Journal No. 1.2012).

 

クローン病は、口から肛門に至る(損傷はとばして)消化管のどの部分にも影響を及ぼす可能性があります。炎症の過程の大部分は、回腸終端部から始まります。

潰瘍性大腸炎 中の炎症は結腸と直腸に制限されます。