自己免疫性肝炎

自己免疫性肝炎は、原因不明の慢性肝炎の稀な形態で、様々な自己免疫現象と連関しています。

この疾患は通常、女性に見られ、北欧人種の子孫により多く発現します。

肝臓における主な組織学的所見は、漸進的な壊死で、その中には門脈域における肝細胞の壊死、門脈路の限界板の破壊、リンパ球様細胞の局所浸潤があります。