自己抗体の役割

自己抗体とは、自分の体の中にもともと存在する成分に対して結合する抗体で、血液中タンパク質のひとつです。

自己抗体は、さまざまな臓器に影響を与え、時には標的臓器を完全に破壊する可能性もあります。

自己抗体は、自己免疫疾患の病因である可能性がありますが、通常、自己抗体は単に疾患の症状のひとつであり、病因ではありません。それらは血液中に存在し、例えばエリア自己抗体検査で検出され、特定の自己免疫疾患のための疾患標識抗体として使用されています。