膠原病

自己免疫性結合組織病は、結合組織を構成するひとつ以上の要素、すなわちコラーゲン、エラスチン、またはムコ多糖の異常な構造または機能を特徴とする疾患の一つです。

典型的に、以下の疾患はこのグループに属します。

  • SLE(全身性エリテマトーデス)
  • 強皮症
  • 皮膚筋炎 / 多発性筋炎
  • シェーグレン症候群
  • 混合結合組織病

特異的自己抗体、いわゆる抗核抗体(ANA)の検出は、自己免疫性結合組織病の診断を助け、鑑別診断にも予後診断にも役立ちます。

 

 

結合組織病の診断を助けるため、ファディアは様々な検査を提供しています。

当社検査に関する詳細情報: