前代未聞のアレルギー

分子アレルギー学の新手法は、アレルゲン特異のIgE抗体を単一で純粋なアレルゲン分子へ定量化することにより診断をさらに一歩先へ進めます。これらは2つの異なるプラットフォームで利用できます。

アレルゲン原因から、単独のアレルゲン成分が生成できます。これら成分への感作が次に個別に測定され、患者が感作しているのはどの成分かを正確な分子レベルで特定するのに役立ちます。この情報はアレルギーの正確な診断の基礎を提供します。

アレルゲン成分はタンパク質であり、構造上の類似性に基づいてこれらは各種のタンパク質群に分類されます。これらのタンパク質群の一部に感作された結果は、共通に持っている特性に応じて変わり、原因には様々な量で存在して安定性もそれぞれ違います。一部のアレルゲン成分は特異的であり、また一部は交差反応性があります。

分子アレルギー学は何を追加するか?

1.反応のための臨床リスクを査定する

分子アレルギー学により、感作に関係するリスクにいくつか結論を導くことができます。安定したアレルゲン成分への感作は全身性反応および局在的な反応を引き起こす可能性があり、他方不安定な成分への感作は主に局在的な反応に関連しています。

2.交差反応性が原因の症状を説明

交差反応する抗体が引き起こす症状は、純粋な感作が起こすものとは区別する場合があり、患者の管理や適切な回避助言をするために重要です。交差反応性の感作のみが識別される場合では、一次的な感作物質を見つける追加検査の実行が推奨されます。

3.特異的な免疫治療のため正しい患者を識別する

特異的なアレルゲン成分への感作は、特異的な免疫治療を成功させるために必須です。純粋な感作をしている患者を目的の原因からの抽出物と合致させることにより、治療結果が改善されます。