大豆は本当にアレルギーか?

ImmunoCAP成分の助けで、大豆の患者がアレルギーを起こす正確なタンパク質を特定し、交差反応を見つけ、結果として管理を改善できます。
大豆アレルギー患者をより良く識別し管理する方法
  • 大豆アレルギー患者のより優れた識別方法
  • 患者管理の改善につながる

ImmunoCAP 大豆

完全な抽出 f14  
ImmunoCAP Components:  
保存大豆

Gly m 5

Gly m 6

重篤な反応に連関する

加熱と消化に対し安定

PR-10 タンパク質 Gly m 4*

局所反応(例 OAS)

加熱と消化に対し不安定

カバノキとカバノキ類の木の花粉に対するアレルギーに連関する

* 大量の低加工大豆、例えば豆乳を摂取した時にカバノキ系の木の花粉アレルギー患者では特に、全身性反応が起きる場合があります。


クリックして、大豆検査のアルゴリズムとリスク査定の画像を拡大して表示する

正確な査定を行う

ImmunoCAP Allergenの成分は、真のアレルギーと交差反応を区別するのに役立ちます。

実証に基づいた決定を行う

より優れた差異化は、目的に適った助言を最適な治療を決めるのに役立ちます。

差異化を行う

適切な管理は患者の健康と生活の質を向上させる役に立ちます。