患者を適切なオリーブ花粉SITと識別するためにコンポーネントを使用

オリーブ花粉アレルギー患者の大部分は、数種の木、雑草、草花粉アレルゲンに対し多感作であり、病歴は必ずしもどの花粉が症状を引き起こしているのかをはっきりと示唆するとは限りません。

さらに、オリーブ花粉抽出物検査での陽性は、交差反応性の結果であり、純粋なオリーブ花粉抽出物への感作によるものではない可能性があります。

ImmunoCAP Componentsが役立つ目的:

  • 花粉検査への多重陽性を解決する:
  • 異なる花粉での一次感作物質を識別する
  • 患者の識別およびSITのための適切な抽出物の選択を容易にする

ImmunoCAP オリーブ

完全な抽出物 t9  
ImmunoCAP Components:    
特異成分  Ole e 1

タンパク質のようなトリプシン阻害剤

主要なオリーブ花粉アレルゲン

セイヨウトネリコ、ユリおよびイボタノキへの感作のマーカー

 Ole e 7

nsLTP (脂質伝達タンパク質)

重篤な呼吸器反応に連関する

他のnsLTPへの限定的交差反応性

Ole e 9

1,3 beta-glucanase

高度に暴露した集団における目的の成分

重篤な呼吸器反応に連関する

交差反応性成分 Polcalcin
プロフィリン
MUXF3 (CCD)
 



クリックして、オリーブ用の推奨検査の画像を拡大表示する

正確な査定を行う

ImmunoCAP Allergenの成分は、真のアレルギーと交差反応を区別するのに役立ちます。

実証に基づいた決定を行う

より優れた差異化は、目的に適った助言を最適な治療を決めるのに役立ちます。

差異化を行う

情報量の多い管理は患者の健康と生活の質を向上させる役に立ちます。