広範な情報パターン、広い研究。対象を絞る。

ImmunoCAP ISACは、アレルゲン特異的IgE抗体の情報を多量に、全体像を単一手順で提供します。

交差反応するタンパク質により、ImmunoCAP ISACは、タンパク質が派生する51のソースに加えて数百のアレルゲン原因についての情報を提供します。

保存タンパク質

  • 熱と消化に対して安定なタンパク質は調理食品にも反応を引き起こす。
  • しばしばOASに加えて全身性でより重篤な反応に連関しています。
  • ナッツや種子に見つかるタンパク質は新しい苗が成長する間に原料として働きます。

LTP(非特異的脂質伝達タンパク質、nsLTP)

  • 熱と消化に対して安定なタンパク質は調理食品にも反応を引き起こす。
  • しばしばOASに加えて全身性でより重篤な反応に連関しています。
  • 特に桃およびそれに近い関係のある果実が栽培されている地域での果実および野菜に対するアレルギー反応と連関する。

PR-10 タンパク質、Bet v 1 同族体

  • ほとんどのPR-10タンパク質は熱と消化に敏感で、調理食品はしばしば許容されます。
  • 口腔アレルギー症候群(OAS)のような局所症状としばしば連関しています。
  • 花粉、果実および野菜に対するアレルギー反応と連関する。

プロフィリン

  • 熱と消化に敏感なタンパク質で、調理食品はしばしば許容されます。
  • 臨床症状と連関することはめったにありませんが、一部患者では局所的で重篤な反応さえ起こす場合があります。
  • プロリフィンは、すべての花粉と植物食品に存在します。

CCD

  • 交差反応性の炭水化物決定基への感作のマーカー
  • 稀にしかアレルギー反応は起こしませんが、花粉、植物食品、昆虫および毒からのCCD含有アレルゲンに対するインビトロ検査で陽性を出す場合があります。

トロポミオシン

  • 熱と消化に対して安定なタンパク質は調理食品にも反応を引き起こす。
  • しばしばOASに加えて全身性でより重篤な反応に連関する食品アレルゲンとして。
  • 筋肉繊維のアクチン結合タンパク質であり、甲殻類、ダニおよびゴキブリの間の交差反応性のマーカーです。

パルブアルブミン

  • 熱と消化に対して安定なタンパク質は調理食品にも反応を引き起こす。
  • しばしばOASに加えて全身性でより重篤な反応に連関しています。
  • 魚での主要なアレルゲンであり、様々な種の魚と両生類の間の交差反応性のマーカーです。

血清アルブミン

  • 熱と消化にかなり敏感なタンパク質。
  • 牛の乳、血液、牛肉および上皮のような全ての動物における様々な生物的流体および固体に存在するタンパク質。
  • 様々な哺乳動物種からのアルブミン間の交差反応はよく知られています、例えば、ネコと犬、ネコと豚(豚肉)の間など。