紛らわしいケースでのImmunoCAP ISAC

ほとんどのアレルギー患者は、数多くのアレルゲンに対し陽性の検査結果を示しますが、症状の本当の原因は様々なアレルゲンと反応の役割に関して病歴が決定的でないために識別が難しいのです。

これら患者を診断し管理するに際し、ImmunoCAP ISACはいくつかの方法で役に立ちます:

  • 多重感作の患者の現実的な感作に光を当てる。
  • 重篤な食品関連の反応への潜在的なリスクを明らかにする。
  • 治療に不満足な反応を示す患者でIgE抗体プロファイルを識別する。

交差反応するタンパク質により、ImmunoCAP ISACは、タンパク質が派生する51のソースに加えて数百のアレルゲン原因についての情報を提供します。

ImmunoCAP ISACは、予想外の感作も明らかにすることもでき、広範なアレルゲンに対しIgE結果を提供することでアレルギーを除外するのに役立ちます。

10人のうち9人までの多重感作の患者で、ImmunoCAP ISACは正確で有用な情報を提供できることが確認されました。

結果として、有効で最適な管理がより早期に開始でき、それにより患者の健康と生活の質(QOL)が改善されることにつながります。