Phadia 2500

Phadia 2500は、非常に高い需要に応じる検査室に最適です。Phadia 2500は、一週間あたり10000-25000の結果を出す極めてスループットの検査用に設計されています。
  • Phadia 2500

  • CallOutPage - Two process lines (2500)
  • CallOutPage - CLI article (Ampeth)

    注目の顧客

  • Phadia Laboratory Systems. 診断成功のためのプラットフォーム Phadia Laboratory Systems. 診断成功のためのプラットフォーム
    Phadia Laboratory Systems. 診断成功のためのプラットフォーム

柔軟性

Phadia 2500は、2つの作業ラインで構成されます。2つの異なる構成が、アレルギーと自己免疫検査用に設定できます。独特の検査ポートフォリオにより、患者管理で臨床医を支援する臨床的に関連のある検査結果の提供を確保します。

  • 650種類のアレルゲンと90種類のアレルゲン成分に対する感作を検出するアレルゲンのパネル
  • 関節リウマチ、セリアック病および結合組織疾患のような最も一般的な自己免疫疾患の評価用の臨床的に関連する自己免疫マーカーを対象にした広範な自己免疫のメニュー
  • すべての検査は1つのサンプルからでも測定可能です
  • ユーザー構成が可能な反射検査の機能性

能力

  • 作業ラインごとの能力:毎時240件の結果
  • 作業ラインごとの能力:毎時150件の結果
  • 連続ランダムアクセス
  • すべての試薬がオンボードで利用可
  • 校正曲線の28日保存
  • オンボードの希釈(EliA)
  • 検査室自動システムへ接続可能
  • 能力向上のため集団化セットアップ

信頼性

  • 経時的なおよび国、システム、検査室とユーザー間での優秀な一貫性
  • Phadia Lab Community経由で遠隔診断が利用可能

無駄を省いた生産性のための自動化

設定に関係なく、予測実務時間は10-15分
ワークシフトの長さは需要に応じて調整可能

 

実証済みの信頼性と精度を持つシステムの利点