Phadia LabCommunity – 生産性を守ります

データはどの検査ビジネスにとっても極めて重要です。Phadia LabCommunityは、貴重なデータを送信し保護するために専門に開発されたソフトウェア・ソリューションであり、生産性を改善するように翻訳されるセキュリティを持ちます。

Phadia LabCommunityを利用することで、貴重なデータと時間を失うリスクを最小限にできます。クライアントのデータは、セキュアなインターネット接続、暗号化されたデータ送信、データへのアクセス制限とアクティビティのログ記録のような優れたセキュリティ手段により保護されます。

機能には以下が含まれます。

  • 予防的なシステム健康状態チェック.
  • サービスおよびサポート活動に必要なデータを遠隔収集
  • 機微なデータをデータ収集前に自動的に削除します。
  • オンラインアクティビティのための遠隔支援
  • クオリティ・クラブの検討結果をファディアに自動報告

作動のメカニズム

 

モニタリングされるシステム

クライアントのソフトウェアがシステムPC上にインストールされている。ソフトウェアはファディアのサーバに定期的にコンタクトを取り、システム・ステータス情報を送信する。通信は常にクライアントのソフトウェアから開始される。

検査室のファイアウォールは全て、ポート443上からファディアのサーバへのデータ転送を許す以外、例外ポートを設定することなく、完全なアクティブ状態にすることが可能。

 

インターネット

システムPCは、インターネットを使用して当社サーバと通信します。通信内容は全て、http、セキュア・ソケット・レイヤー(SSL)を用い、暗号化される。

通信は、様々な方法(例:当該検査室のネットワーク、DSL 接続または 新型移動通信接続)でセットアップ可能。

 

当社サーバ

ファディアのサーバはファイアウォールで保護されている。検査室のシステムPCによるコンタクト先が当社サーバであることを確認するため、当社サーバはVeriSign発行のSSLサーバ側証明書を使用します。

ファディアのサーバはアクセス権制限によって保護されている。

 

当社のサービスと支援スペシャリスト

Phadia LabCommunity の機能には、ァディア IP アドレスレンジ内でのみアクセス可能。Phadia LabCommunityにアクセスできるのは、認可を受けたサービス/サポート・スペシャリストのみ。